スポンサーサイト

  • 2009.06.24 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


はいっ!出ます!

5月にでます!



LOVE PSYCHEDELICOのDVD!



かわなければぁ(笑

昔とちがうこと

私は合唱が音楽で最高の芸術だと思ってました。


最近は音楽に最高峰はないんだなと思うようになりました。


コンクールやコンテストがすべてだと思ってました。


最近はコンテストなど演奏は音楽ではなく競争なんだなとおもいました。


自己満で音楽をすると音の暴力になりかねないんだなって。


演奏会はとても大変なのはそのへん。観客がいないと演奏会にはならないしね。観客がいても自己満演奏会では観客が不快なだけだしな。


あぁ難しいね音楽って。


演奏会へ。

今日は湯本高校の演奏会にいこうか迷ってましたが結局いわきまでいけなかったので郡山へ(笑


幼馴染みのみねちゃんが演奏会するって教えてくれたのでいってきました!

時間あったのでジャスコへ…080224_1103~01.JPG
痛いね。はやく復活してあげてよ。つか駅前じゃなくね(^^;)うさぎさんがかわいそうだ。はたまたうさぎさんもぐるだったのか?


さてさて移動して岩瀬書店へ!

classicはあまり聞く機会がすくないのでよかったです☆

ピッチは大切だと思いました(笑


みねちゃんはシューベルトを弾いてました。みねちゃんうまいわ(^^;)


とまぁ素敵な一日でしたよ(笑 立ちっぱで腰がいたくなったけどね(笑


おやすみんご☆

パバロティ

大ファンでしたが今日お亡くなりになられたそうです。
中学の時に興味を持ち出した合唱でしたがとても影響をうけたのが三大テノールでした。
特にパバロティさんの歌声は一番心をうたれる声でした。
声楽をならっていたときにも目標にしていました。


一度は生で演奏が聞きたかったです。
ご冥福をお祈り致します。

名曲中の名曲

今年でエドヴァルド・グリーグ が没100年になりましたね。

作曲者がなくなっても曲が生き残って行くということはとても素敵なことだと私は思います。もちろん音楽はplayer(演奏者)によっていろいろなニュアンスがかわっていくもの。例えそれが作曲者の意図ではなくても。

もちろんきっと作曲者の意図を完璧に再現できるなんてことはありえない話で、それをしようとすることはとても素晴らしい事で、それができると言うことはそれは作曲者なのだということ。

けれど全て作曲者の意図を読み切って歌うなんてことはするのは難しくてもあまり楽しい事ではないでしょう。だからこそconductor(指揮者)がいてplayer(演奏者)があるのではないでしょうかね。それが『個性』であって、新しい音楽をつくっていくことにつながっているんだと思います。

なんだかなにが言いたいかがよくわからなくなりましたのでくだらないお話はここまで。


グリーグさん100年目の名曲をありがとう。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM